独自の調査に基づく情報を丁寧に執筆。抜けた乳歯は屋根の上への記事。

様々な歯に関する記事

抜けた乳歯は屋根の上へ

みなさんは抜けた乳歯をどう処理しますか。今回は乳歯の処理の仕方についてです。非常に興味深いことに 国ごとにさまざまな言い伝えや習慣があります。
ご存知のことだと思いますが、日本を含めアジアでは上の歯は縁の下に、下の歯は屋根へ投げるという習慣があります。これは、新しい歯は古い歯がある方向に伸びるという迷信があるからです。僕も幼いころ歯が抜けたら投げていました。一体その歯は今どうなっているのでしょう。。。一方、米国、カナダ、イギリスなど西欧では、夜眠る時、枕の下に抜けた歯を入れておくのが習慣です。というのも、“歯の妖精”がやってきて、抜けた歯を持っていき、コインと交換してくれるという言い伝えがあるとかないとか。
チリとコスタリカは、かなりユニークなので紹介します。ここの人たちはなんと抜けた歯をイヤリングにして身につけておくそうですよ。知らない人が見たらすごく怖いですね。どの国にも歯の扱い方の習慣があるように、国がちがっても、歯の健康を願う気持ちは世界共通ですね。

自分が調べた豆知識を誤字脱字に気をつけながらHPとして書いてみました。

自分が調べた豆知識を一らから丁寧に記載、これはぜひ見てもらいたい!