独自の調査に基づく情報を丁寧に執筆。サメの歯の記事。

様々な歯に関する記事

サメの歯

皆さんはサメの歯に関してイメージはありますか?サメの歯は多生歯性と言われています。サメの歯は獲物をとるときにこぼれ落ちても、すぐに次々と生えてきます。すごい生命力ですね。原理は、現在使っている歯のうしろに6列から10列もの予備の歯がひかえていて、歯が抜け落ちると、その予備の歯がベルトコンベアー式に前に出てきて埋めてくれるというのです。なんて便利なのでしょうか。同じ哺乳類としてどうしてこんなに歯の構造に違いが出るのでしょうか。動物の進化はすごいですね。ホシザメの歯は抜けてから10日で1列すべて生えかわると言われています。彼らには虫歯という概念はないでしょうね。ホワイトニングという概念もインプラントという概念もきっとないですね。驚くべきことにトラザメなどは10年間で2万4千本の歯がはえかわるということです。人間の歯が仮にこんなに頻繁に生え変わったとしたら、まず歯医者さんはいらなくなります。毎日の歯磨きもいらなくなるでしょう。その上次々に生え変わるので、みんな白い歯ですね。そして、世の中歯だらけになってしまうのではないでしょうか。

おススメの実践方法を内容の独自性にこだわりながらまとめてみました。