独自の調査に基づく情報を丁寧に執筆。象の歯の記事。

様々な歯に関する記事

象の歯

象の歯はどうなっているのでしょう。アフリカゾウとかのキバのことではないので間違いはしないでください。ゾウの歯を見たことがある人はいますか。おそらく多くの人はないでしょう。象の歯は大きな臼歯が上下左右に1本ずつの計4本あります。ひと回りもふた回りも大きな大人の靴底のような形をしており、かみ合う面はギザギザ模様になっています。歯垢が貯まりブラッシングが大変そうですね。また、4本しかないので歯並びが悪いと致命的になるのではないでしょうか。歯科矯正も象はできないでしょう。ホワイトニングは・・もういいですね。ゾウの60~70年の生涯のうち、この臼歯は6回も生えかわるのですが、そのプロセスは大変面白いものです。私たち人間の歯は下から顔を出してきて垂直に生えかわりますね。だから歯が抜けた後、次の歯が生えてくるまで非常に気持ち悪い状態が続きます。しかし、象の臼歯は水平交換といって、奥にある臼歯が脱落するという交代方法をとります。スライド式ですね。従って、歯がない期間は全くないのです。恐るべし象の歯でした。

皆さんが忘れがちな点をネットを参考に取り扱っているサイトです。