独自の調査に基づく情報を丁寧に執筆。リスの歯の記事。

様々な歯に関する記事

リスの歯

次はかわいいリスの歯です。リスが硬いクルミやドングリの皮を上手にむけるのはなぜでしょうか。それは、一対のノミ状の門歯を持っているからです。門歯の裏側にはエナメル質がないため、内側が早く減っていき、その結果としてノミの刃のような形になりっていきます。この門歯は一生伸び続ける性質があるため、常にすりへらして正常な長さにしておかなくてはならないのです。放っておくと1年間に約20センチも伸びると推測されています。リスが固いもので歯を削っている理由がわかりますね。これだけ削ると、歯も常に健康になっています。人間のようにブラッシングをしなくても歯は常にきれいな状態を保ち、ホワイトニングをしなくとも常に白いきれいな歯でいられるのです。歯の観点からみるとリスに生まれたほうが得かもしれませんね。リスには犬歯はなく、前臼歯と臼歯がありますが、こちらは伸び続けるようなことはありませんn。年とともにすり減っていきます。門歯を含めて22本が、リスの歯の合計です。人間とさほど変わらないのですね
なお、同じ齧歯(げっし)類のビーバーの歯の数は合計20本です。こちらは門歯が4本あって、やはりリス同様に自然に根元から伸び出してくるようになっています。ポプラ、ハンノキ、ヤナギなどの木を削るのはこの4本の前歯が必要です。木を倒したあとは樹皮や葉や小枝を食べ、残った枝や幹で小屋やダムを建設します。人間もこのような前歯があったら食生活は変わってきたことでしょうね。

地味にお役に立てそうな情報を色々工夫しながらライティングしています。